@コスメ、楽天ランキングも堂々1位の肌ナチュールはこちら!

肌に負担をかけず毛穴汚れがどんどん浮いてくる快感!

さらにクレンジングしながらスキンケアまで!

sugimoto

▲▲▲

肌ナチュールの初回購入はこちらの公式ページが一番お得!

炭酸クレンジングは肌に良いことばかり?

炭酸クレンジングの副作用

 

クレンジングで落としきることができる汚れには、どうしても限界があります。

 

落としきることができなかった汚れは、そのまま蓄積されていくとやがては毛穴詰まりやくすみなどにつながってしまうこともあります。

 

ですから定期的に、その汚れを落とすことはとても大切なことです。

 

そのためにぜひ利用したいのが炭酸クレンジングです。

 

炭酸クレンジングは、炭酸の力を利用したクレンジングです。炭酸は非常に細かい粒子をしているため、クレンジング剤が毛穴に入りやすいと言う特徴があります。そのため炭酸クレンジングを利用すると、汚れを落としきることが期待できます。

 

更にそれ以外にも、炭酸によって肌が刺激され、ターンオーバーの周期が整う、古い角質を剥がすことで肌色を明るくすることができる、血行が促進されむくみやくすみなどを解消できると言った効果も期待することができます。

 

ですから定期的に炭酸クレンジングを行うのは、生き生きとした美しい肌を保つ上ではとても効果的なことです。

 

ところで気になるのは炭酸クレンジングの副作用です。

 

これは勿論、個人の体質や炭酸クレンジングの製品によっても異なりますが、まず一般的に言うと炭酸クレンジングの炭酸は、性質で言えば弱酸性に該当します。

 

弱酸性と言うのは素肌と同じ性質です。つまり肌と同じ性質で肌を洗い上げると言う感覚なので、この点から考えれば副作用の可能性は極めて低いと判断することができます。

 

ただし弱酸性であっても、それ以外に含まれている成分の性質が肌への負担となり、それが副作用を引き起こす可能性はあります。ですから不安な方は、できるだけ副作用が引き起こされないような成分が含まれているものを選ぶのが望ましいです。

 

合成着色料、合成香料、無鉱物油などは避けた方が無難です。次に炭酸の刺激が副作用になるのではないかと言う不安です。

 

これは特に敏感肌の方にとっては不安が大きいところかもしれません。敏感肌と言っても、やはりこれにも個人差があります。

 

ただ、敏感肌のために医療機関を受診している、何かしらの治療を受けていると言う方の場合は、その治療を重視したうえで医師などに相談することが求められます。

 

それ以外の方に関しては、状態を見ながら使用するのが望ましいです。

 

ただ炭酸クレンジングは、他のクレンジングに比べると、肌への負担が少ないと言われています。これは弱酸性と言う性質は勿論のことなのですが、それ以外にも肌を擦ってメイクなどの汚れを落とすのではなく、炭酸の力で汚れを浮き上がらせることでそれを落とすためです。

 

炭酸の力によってクレンジングと洗顔が同時に行えるのも魅力であり、ダブル洗顔による肌への負担を避けられると言うのも嬉しい点です。

 

つまり必要な潤いや皮脂を奪い過ぎずに、クレンジングを行えるのが魅力です。ですから敏感肌の人でも、比較的、安心して使用できる、優しく汚れを落とすことができるクレンジングだと言えます。

 

ただ極端に肌が荒れていたり、生理前や妊娠中などの期間は、無理せず使用することが望ましいです。

 

また皮膚が薄いために刺激を感じやすい目の周りなどは、できるだけ避けることが求められます。炭酸の泡が溶けた後、それが垂れて美容成分が目に入ると言うことも起こりうることです。

 

これは目にとっては非常にダメージになることなので、そうならないように気をつけること、できるだけ目の周りには使用しないことが必要です。

 

上述したように体質によっては合わない人もいるので、使用していく上で違和感などを覚えた場合には、使用を中止し、速やかに医療機関を受診することが求められます。

 

最後に炭酸クレンジングを使用して肌が赤くなると言う現象についてですが、これは副作用である場合とそうでない場合にわかれます。

 

もし、それがクレンジング後も長く続くようであれば、あるいは強い痛みなどを伴うようなものであれば、それは副作用である可能性が高いです。

 

ですから、医療機関に相談して下さい。

 

逆にクレンジング後、一時的なものである、時間が経過すれば元に戻ると言う場合は、副作用である可能性は低いです。

 

この場合、顔が赤くなっているのは、炭酸クレンジングの炭酸の力によって血管が拡張され、血流が促進させているためだと考えることができます。つまり顔の血流が良くなっているために、一時的に顔が赤く、ほてったような状態になっていると言うわけです。

 

これは肌にとっては良いことで、それにより様々な美容効果を期待することができます。ですから赤くなったから副作用だ、と安易に判断せず、痛みや違和感が出てこない限りは、続けても特に問題はないと判断できます。


sugimoto