@コスメ、楽天ランキングも堂々1位の肌ナチュールはこちら!

肌に負担をかけず毛穴汚れがどんどん浮いてくる快感!

さらにクレンジングしながらスキンケアまで!

sugimoto

▲▲▲

肌ナチュールの初回購入はこちらの公式ページが一番お得!

そばかすはどの様な仕組みでできる?

目のあたり周辺や、頬の上部に散らばる茶色のそばかす。このそばかすは、なぜできるのでしょうか。今回は、そばかすの見込める原因をご紹介します。

 

 

そばかすの原因は?

 

そばかすは子どもによく見かけられチャームポイントにもなりますが、大人になってできる場合は深刻です。

 

直径1~4mmほどの薄茶色をした点状の色素斑ですが、目の回り、頬など顔以外にも手、背中、デコルテにできることがあります。

 

そばかすのできる原因は、活性酸素の発生が一番のポイントです。

 

活性酸素とは身体を酸化させて、サビや老化現象の原因となるものです。

 

紫外線を浴びたりなんらかの外的な刺激をうけることによって、活性酸素が発生してメラノサイトが刺激をうけて活発になります。

 

メラノサイトは、紫外線を浴びると出てくる色素形成細胞のことです。このメラノサイトの活発化で、肌を黒くさせてしまうメラニン色素を生成します。

 

紫外線の害から皮膚を守るために、メラニン色素を増殖させて肌を守っているともいえます。

 

そばかすの原因には大きく分けて2種類あって、先天的と後天的です。

 

先天的な子どものそばかすは、その原因がほとんど両親からの遺伝による肌質です。

 

思春期をピークに、思春期が終わる頃に自然と消える場合もけっこうあります。思春期を過ぎても消えない場合は、後天的な原因も持っていることになります。

 

後天的な大人になってからのそばかすは、紫外線や生活習慣が原因となって発生します。

 

そのまま自然放置をすると、99.9%濃くはなっても消えることはありません。肌への刺激がメラニン色素を増やしてしまう原因は、紫外線だけではありません。

 

ターンオーバーの乱れもその一つです。

 

洗顔や過度のピーリングなど間違えたスキンケアで、肌を傷つけてしまうとターンオーバーの乱れによりそばかすを発生させたり濃くなってしまうこともあります。ターンオーバーは、新陳代謝による肌の生まれ変わりのことをいいます。

 

理想的には28日周期ですが、ターンオーバーが乱れると古い角質とともメラニン色素を排出することができなくなってしまいます。

 

加齢とともに30代から40代でのターンオーバーは、40日から45日といわれています。なるべくターンオーバーのサイクルを正常に短く保つことが大切です。

 

ターンオーバーの乱れをおこすものは間違えたスキンケアだけでなく、お肌に合わないスキンケア、食生活(ビタミン不足、ミネラル不足)、過度のストレス、睡眠不足、適度な運動なども関係しています。


sugimoto